経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

ビジネスシーンにおける「感染症対策意識」は? 仕事相手の意識が低いと感じた行動と、自身が気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社スペースマーケットは2021年4月14日、「ビジネスシーンにおける新型コロナウイルス感染症対策意識」に関する調査結果を発表した。調査期間は2021年3月24日~28日、同社が運営するサービスのユーザーで、有職者の1,085名から回答を得ている。これにより、仕事で会う相手の感染症対策で“気になること”や“意識が低いと感じたこと”などが明らかとなった。

8割超が仕事で会う相手の感染症対策が「気になる」

業務を行う中で、商談や接客など自社以外の人と「関わる機会がある」ビジネスパーソンもいるだろう。ビジネスシーンで関わる相手の「感染症対策」について、働く人々はどのような意識を持っているのだろうか。

はじめに、「仕事で会う相手が普段実施している感染症対策の実施状況が気になるか」と尋ねた。すると、「気になる」が41.6%、「やや気になる」が38.9%と、合わせて80.5%が相手の感染症対策を気にしていることがわかった。
8割超が仕事で会う相手の感染症対策が「気になる」

6割弱が、仕事で会う相手の「感染症対策意識が低い」と感じた経験あり

次に、「仕事で会う相手の感染症への対策意識が低いと感じたことがあるか」を尋ねた。その結果、「感じたことがある」が18.9%、「たまに感じたことがある」が41%となり、合わせて59.9%が、取引先など「仕事で顔を合わせる相手」の感染症対策が不十分だと感じていることが明らかとなった。
6割弱が、仕事で会う相手の「感染症対策意識が低い」と感じた経験あり

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら