経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

トヨタ自動車の有志チームとWorld Life Mapping社、メンタルヘルスケアおよびAIキャリアアドバイザーサービスの共同開発を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車有志チームであるLife Design Lab(以下:LDL)と株式会社World Life Mapping(以下:WLM社)は2021年4月7日、メンタルヘルスケアサービスおよびAIキャリアアドバイザーシステム・サービスにおける共同研究開発の契約を締結したと発表した。これにより、職場での社員の「心理的安全性」の確保など、人間関係を構築するシステムおよびサービスの開発を行っていくという。

協働プロジェクトにより、「ニューノーマル時代」の職場環境を考える

LDLは、トヨタ自動車の現役社員とキャリア支援を手掛ける株式会社eightで立ち上げた有志団体だ。「多様なライフデザインを選択できる人、社会を創る」を目指し、価値観の合う仲間同士で支え合うコミュニティーづくりと、自身のキャリアデザインをする個別カウンセリングに取り組んできた。

また、筑波大学発のベンチャー企業WLM社では「全ての人のメンタルヘルスサポーターになること」をミッションとし、精神状態の維持や改善を自動的に行うメンタルヘルスケアシステムの開発や展開を進めてきた。

そこで今回、両社の知見やノウハウを活かし、心理的安全性の高い職場を創り出すためのプロジェクトとして「Project ALLY」を始動。潜在的に相性のよい者同士をつなげることで、悩みや本音を分かち合える人間関係(ALLY)を構築するシステム・サービスの開発を行っていく。今後は、PoC(概念実証)を繰り返すことで精度向上を図り、民間企業への導入など、事業展開していく考えだ。さらに、AIキャリアアドバイザーを含む、女性のキャリア支援システム・サービスの開発や展開も視野に入れている。これまで構築してきたシステム・サービスの機能向上や、組織開発領域の展開を目指しながら、Withコロナ/Afterコロナ時代において、心地よい職場環境の実現に尽力したいという。

終身雇用の衰退や副業の加速など、「働きやすさ」を求めるビジネスパーソンは増加傾向にある。その中で、社員一人ひとりの心理的安全性を担保することは、帰属意識や社内コミュニケーションの活性化へとつながり、企業発展への近道となるかもしれない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら