経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

6割がコロナ禍で「経営や労働環境、従業員の健康に悪影響がある」と回答。中小企業の「健康経営」への取り組み実態は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクサ生命保険株式会社は2021年3月9日、「職場の健康づくりに関する意識調査2021」の結果を発表した。調査期間は2021年1月29日~2月2日で、全国の中小企業の経営者または役員の合計1,000名から回答を得た。これにより、中小企業の「健康経営の取り組み実態」や「健康経営実践企業が実感する効果」などが明らかとなった。

半数以上が「身体面の健康不安を持つ従業員はいる」と答える

長期化するコロナ禍により、従業員の心身の健康状態への影響が危惧されている。企業にはどのような対策が求められるのだろうか。

まず、「身体の健康に問題を抱える従業員(肥満や血圧が高いなど)がいるか」を尋ねると、「いない」と答えた人が38.7%で、「わからない」が8.8%だった。「いる」と答えた人は全体の52.5%で、そのうち、人数の割合が「1割以下」が20.4%、「2割~4割」が20.3%、「5割~7割」が6.8%、「8割以上」が5%だった。また、「5割以上」と回答した合計は11.8%で、10社に1社の割合だった。

一方で、「心の健康に問題を抱えている従業員(ストレス過多など)」は、29%が「いる」と回答し、そのうち「5割以上」と回答した合計は全体の2.2%にとどまった。
半数以上が「身体面の健康不安を持つ従業員はいる」と答える

67.6%の経営層がコロナ禍で「経営や労働環境、従業員の健康に悪影響はある」と回答

続いて、「新型コロナの感染拡大による、経営への影響」を尋ねた。全体結果は、「非常に悪い影響が出ている」が24%、「やや悪い影響が出ている」が43.6%と、合計すると67.6%の企業で悪影響が出ていると判明した。一方で、「非常に良い影響が出ている」は0.7%、「やや良い影響が出ている」は3.3%となり、良い影響が出ているという企業はわずか4%だった。

また、業種別に見た場合、「悪い影響が出ている」とした合計が最も多かったのは「小売業」で82.6%にも及んだ。
67.6%の経営層がコロナ禍で「経営や労働環境、従業員の健康に悪影響はある」と回答

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら