経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

企業の後継者問題解消へ向けてM&A支援および事業承継支援を開始、マイナビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マイナビは2021年3月3日、「M&A支援および事業承継支援サービス」を新たに開始したと発表した。これまで培ってきたHR領域のビジネス知見と、同社の多様なリソースを活かし、中小企業や小規模事業者の「後継者不足課題」の様々なニーズに対応し、経営の持続と成長性を高める企業支援を行っていきたい考えだ。

中小企業の「2025年問題」 事業承継の課題解決に向けノウハウと経験を活かす

中小企業や小規模事業の経営者は高齢化が急速に進み、同時に企業の後継者確保も困難を極めている。中小企業庁は「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題※」において、以下のような試算を公表している。

●2025年までに、平均引退年齢である70歳を超える中小企業・小規模事業の経営者は245万人に達し、そのうち約半数の127万人が後継者未定である。

●このままでは中小企業や小規模事業者の廃業が急増し、2025年までに累計で約650万人の雇用と、約22兆円のGDPが失われる可能性がある。

●承継のニーズが顕在化する経営者は、今後一気に増大する可能性もある。


マイナビは、社会問題化している「廃業に伴う雇用の喪失」に対処するべく、今回新サービスを開始するに至ったという。長年に渡りHR領域を中心に企業の経営支援を行い、「雇用の創出・保護」に努めてきた実績を活かしたい考えだ。

同社は、全国70ヵ所以上の拠点情報網や約40行の地方金融機関との連携を持つ。そのため、あらゆるエリア・業種の「事業譲渡・売却」や「事業譲受・買収」のニーズに対応可能だとしている。

さらに、将来的には求職者個人と小規模事業者とのマッチングを図り、「スモールM&A」や「個人M&A」も促進していきたいという。

現在、後継者不在は大きな社会課題となっているが、それを解決すべくM&Aや事業承継を支援するサービスも増えつつある。企業の存続と従業員の雇用を守っていくために、このようなサービスの活用を検討してみてはいかがだろうか。


※令和元年11月7日「事業引継ぎガイドライン」改訂検討会 中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題(資料3-1)
https://www.nsanada-sr.jp/

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら