経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

紙の請求書はテレワークを阻害する要因に。「請求書取り扱いの実態」と「電子インボイスの検討状況」を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sansan株式会社は2021年2月12日、「請求書に関する実態調査2021」の結果を発表した。調査期間は2021年1月19日~20日、請求書を取り扱う業務を担当するオフィスワーカー1,000名より回答を得た。これにより、テレワーク移行後の請求書に関する課題や、請求書処理に要する時間が明らかとなった。

「請求書のため出社」は非経理部門でも8割を超える

通常、企業内では多くの請求書を扱っているが、請求書の受け取りや内容確認、支払い承認などの請求書関連業務は、テレワーク推進によりどのような影響があるのだろうか。

はじめに、非経理・財務部門のビジネスパーソンに「請求関連業務を行うために出社する必要はあるか」を尋ねた。すると、「ある」が82.5%と、8割以上が請求書対応のために出社を強いられていることが判明。業務負担は経理部門以外のビジネスパーソンにもおよんでいることが明らかとなった。
「請求書のため出社」は非経理部門でも8割を超える

9割が受け取る請求書の「半数以上が紙」と回答。発行形式は取引先に依存

続いて、「受け取っている請求書の形式(フォーマット)」を尋ねると、「ほぼ全てが紙」という回答が60.6%と最も多い結果に。以下、「全体のうち約4分の3が紙、残りがPDFなどの電子形式」が18.8%、「紙と電子形式の割合がほぼ同じ」が10.9%と続く。これらの回答をした人の合計は90.3%となり、大部分が「請求書の半数以上」を紙で受け取っていることがわかった。
9割が受け取る請求書の「半数以上が紙」と回答。発行形式は取引先に依存

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら