経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業の製造業、新型コロナから半年経った時点での受注状況は改善傾向に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受発注サイト「エミダス」を運営する株式会社NCネットワークは2021年1月27日、3回目となる景況感アンケートの結果を発表した。調査期間は2020年12月16日~25日、同サイト会員の中小企業経営者203名より回答を得た。これにより、中小製造業が感じている「景況感」や「受注状況」が明らかとなった。

工場の稼働状況は回復傾向に

新型コロナウイルス感染症の影響により、先行きが不明瞭となった企業も多いと予測されるが、3回目となる今回の調査で景況感の回復は見られたのだろうか。

はじめに、「工場の稼働状況」を尋ねた。その結果、「かなり混んでいる」が10.3%、「比較的混んでいる」が28.1%と、合計38.4%が「混雑傾向にある」と答え、前回比では10%以上アップしていることがわかった。

一方、「比較的余裕がある」は43.3%、「かなり余裕がある」は17.7%と、「稼働に空白がある」とした企業は6割におよんだ。しかし、前回と比較すると約13%ダウンしており、全体的に回復傾向にあることが明らかとなった。
工場の稼働状況は回復傾向に

受注状況も前回と比較して改善傾向に

次に、「2020年7~9月と比較した時の10月~12月の受注状況」を尋ねた。すると、「+10%以上」が27.1%、「+20%以上」が11.8%と、プラスの回答は38.9%という結果となった。

一方のマイナスは、「-10%以上」が21.2%、「-30%以上」が13.3%、「-50%以上」が6.4%と、合計40.9%が「減っている」と回答した。しかし、7~9月と比べると25%減少しており、中小製造業の景況感は改善傾向にあることがわかった。
受注状況も前回と比較して改善傾向に

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら