経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「SDGs方針」を策定し、マーケティングを通してよりよい社会づくりと課題解決を目指す。トライバルメディアハウス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社トライバルメディアハウスは2021年1月21日、「マーケティングを通じた持続可能な社会づくりと課題解決」を目指し、自社のあるべき姿を示した「SDGs方針」を策定したと発表した。スタッフ一人ひとりの意識を転換して社の環境を刷新することにより、全社的な活動として「よりよい社会づくりとそれに伴う支援」を実施していくという。

17の目標から3つを選択、解決に向けて取り組む

トライバルメディアハウスは、企業のマーケティング支援や、ソーシャルメディアに関するツールの開発と提供等を手がけている。同社は2020年4月、顧客企業のSDGsアクションを支援するマーケティングチーム「Good Tide(グッドタイド)」を発足。顧客のSDGs達成に向けた課題解決に努めるとともに、ソーシャルメディアを通じて多くの情報発信を行ってきた。

そこで今回、自社の「SDGs方針」を策定し、「17の目標」の中から特に事業と関連のある3つの課題解決に向けて取り組んでいくことを決定した。1つ目の「12.つくる責任 つかう責任」では、マーケティングを通して「生活者の意識改革による、地域または社会に害を与える商品・サービスを選択しない未来づくり」を目指す。また、2つ目の「17.パートナシップで目標を達成しよう」では、より多くのパートナーとつながり、そのハブ役となることで、クライアントや生活者の課題解決を推進していく考えだ。さらに3つ目の「10.人や国の不平等をなくそう」では、年齢や性別のみならず、障がいの有無、人種、民族、出自、宗教、嗜好など、あらゆる差や価値観に対して、開示的かつ認めあえる社会づくりを、マーケティングにより実現していく。

昨今、SDGs達成に向けて、目標設定や具体的な取り組みを開始した企業も増えつつある。従業員が一丸となって取り組むことで、より意識的な行動へとつながるかもしれない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら