経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

NTTドコモなど3社、中小企業向け「事業承継サポート」のトライアルサービスを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社NTTドコモとデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同株式会社(以下、DTFA)および株式会社広島銀行は、2021年2月1日より、事業承継に関する無料相談や最適なアドバイザリーサービスを提供する「事業承継サポート」のトライアルサービスを開始すると発表した。はじめは広島県を中心とする地域の中小企業を対象に支援し、2021年度末頃から全国を対象とした商用化を目指すという。

3社のノウハウや専門性を活かし、事業承継をトータルサポート

現在、2025年までに平均引退年齢である70歳を超える中小企業や小規模事業者の経営者は約245万人いるといわれており、そのうち約半数の企業では後継者が不在であることが社会問題のひとつになっている。しかし経営者たちは、事業承継について「情報やノウハウが少ない」、「不安に感じていても、実際にどのように行動したらよいかわからない」、「気軽に相談できる場や、中立的な提案をしてくれる専門家がいない」などの問題を抱えており、課題を解決できないでいることも多い。

そこで、後継者不在を課題とする中小企業の経営者に、事業承継をトータルサポートする本サービスを、NTTドコモ、DTFA、広島銀行の3社が協働で実施するに至った。地域における経営者とのつながりや、経営課題に対する知見および専門性を総合的に活用し、より柔軟なサービスを提供していくという。

本サービスでは、NTTドコモが提供するポータルサイトを通じて、DTFAおよび広島銀行がコンサルタントや税理士、地方銀行などのアドバイザーを紹介、経営者が抱える漠然とした悩みに対応する。その後、アドバイザーを通じて事業承継支援や企業価値向上支援、廃業支援など、それぞれの経営課題解決に向けた提案をワンストップで実施。これにより経営者は、備えるべきものを見つけたり、これまで気付かなかった自社価値が知れたりといった効果が期待できるという。なお、トライアルサービスの実施期間は2021年2月1日~2022年1月31日を予定している。

全国的に課題となっている後継者不在問題に対し、事業承継やM&Aの支援を行う企業も増加傾向にある。こうしたノウハウや専門性を持つアドバイザーからヒントを得ることで、計画的かつ柔軟な事業承継が叶うかもしれない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら