経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

NTT東日本、ニューノーマルにおける中小企業の事業運営を支える「ICT完備のシェアスペース」を平塚駅前にオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本電信電話株式会社(以下:NTT東日本)神奈川事業部と株式会社スペースマーケット、株式会社みどり商事は2020年12月1日、NTT東日本とスペースマーケットの業務提携により展開する、ICTが完備されたワークスペース「平塚駅前シェアスペース グリーン」をオープンしたと発表した。本事業はみどり商事が所有する平塚駅前のビルの一部を利用したもので、ビジネス利用および会議室、試験や研修の会場としての利用が可能だ。これにより、中小企業や個人事業主の事業運営を支えたいという。

新たなワークスペースの展開により、事業運営と多様な働き方を支える

昨今の中小企業経営では、Withコロナ/Afterコロナに即したニューノーマルな業務運営が求められている。また、リモートワークが浸透する状況における経営課題のひとつとして、事業所維持費などの「負担軽減」や「適性化」があがるだろう。さらに、自宅以外で業務や交流が行えるスペースの需要も高く、近年シェアオフィスが増加傾向にある。しかしながら、湘南平塚エリアにおいて、100人以上を収容できる会議室が少なく、需要があるにも関わらず場所が十分に確保できていない状況にあった。

一方、NTT東日本とスペースマーケットは、シェアスペース「スペースマーケットWORK Plus」の開発に向け、2020年8月に業務提携を締結した。NTT東日本がネットワークやスマートロック、クラウドサービスなどのICT設備をコンサルティングし、スペースマーケットがその設備の整ったスペースやオフィスを提供することにより、多様な働き方のニーズに答えるサービスだ。

今回、3社は協働で「平塚駅前シェアスペース グリーン」の新規オープンに至った。本スペースは、「スペースマーケットWORK Plus」において、NTT東日本のICT設備を全面的に導入した初の取り組みとなる。「快適なワークスペース」、「高速Wi-Fiによる安定した通信環境」、「WEB完結の申込みや支払い」、「自身のスマホで施錠や開錠が可能」といった特徴を持ち、湘南平塚エリアの中小企業や個人事業主の事業運営を支えるために、あらゆる働き方を支えるようなワークスペースを目指す考えだ。

コロナ禍での安定的な事業運営の実現に向けて、オフィス費用などの固定費の削減や、社員が安全に働ける環境などが重要視されている。これからの働き方の選択肢のひとつとして、シェアオフィスの利用や拡大を検討してみてはいかがだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら