経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者や管理職も知っておきたい「日頃の感謝」と「仕事の充実度」の関連性。部下のモチベーションを上げるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ラーニングエージェンシーは2020年11月18日、「仕事と感謝に関する調査」の結果を発表した。調査期間は2020年10月20日~11月4日で、全国のビジネスパーソン1,087名より回答を得た。これにより、いま職場で感謝を伝えたい相手や、その相手に日々感謝を伝えられているかが明らかとなった。

いま感謝を伝えたいのは「上司」が最多

企業で働くビジネスパーソンは、職場において日頃から感謝を伝えられているのだろうか。はじめに、職場で「いま、誰に最も感謝を伝えたいか」を尋ねた。すると、「上司」が32.9%、「先輩」が20.4%と、「目上の人」に感謝を伝えたいとするビジネスパーソンが半数以上におよんだ。

いま感謝を伝えたいのは「上司」が最多

前設問の回答を役職別に見ると、「同僚」との回答は、「一般社員」が29.9%、「主
任・係長クラス」が32.2%と30%前後なのに対し、「課長・部長クラス」では12.8%にとどまった。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら