経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

企業はLGBTの就業環境を整えられているか。当事者と非当事者では意識に乖離も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

auじぶん銀行株式会社は2020年10月19日、「LGBT当事者をとりまく就業環境の実態調査」の結果を発表した。調査期間は2020年8月25~28日で、LGBTを含む性的マイノリティに該当するビジネスパーソン500名と、該当しないビジネスパーソン500名、計1,000名から回答を得た。これにより、企業LGBTに関する理解や支援制度の実態が明らかとなった。

約8割のLGBT非当事者は「LGBT」を「理解している」と回答

LGBTとは、「Lesbian(女性同性愛者)」、「Gay(男性同性愛者)」、「Bisexual(両性愛者)」、「Transgender(性別越境者)」の頭文字から成る、セクシュアル・マイノリティの総称のひとつだ。昨今はLGBTに関する情報が多く見られるが、企業はどのように理解しているのだろうか。

はじめに、LGBT非当事者に「LGBTという言葉の意味を理解しているか」と尋ねた。すると、「十分に理解している」が31%、「なんとなく理解している」が50.6%と、合わせて8割以上が理解していると回答した。一方、「意味や言葉自体を知らない」という回答者も3.6%いることがわかった。
約8割のLGBT非当事者は「LGBT」を「理解している」と回答

約半数がLGBTについて「理解を深めたい」と回答

また、「LGBTの友人や知人がいるか」と尋ねたところ、78.6%が「いない」と答え、「いる」と回答したのは2割程度だった。しかし、「LGBTについて学びたい・知りたいと思うか」と尋ねると、「とても思う」が12.6%、「どちらかといえば思う」が37%と、約半数に該当する49.6%が「理解を深めたい」という意識を持っていることが明らかとなった。
約半数がLGBTについて「理解を深めたい」と回答

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら