経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

WEB会議と対面会議、支持が高いのは? ニューノーマル時代の会議におけるメリット/デメリットを調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ビズヒッツは2020年10月7日、社会保険労務士事務所office roleの郡司果林氏監修のもと行った「WEB会議の悩みに関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2020年9月1~5日で、WEB会議をしたことがある全国の男女527名より回答を得た。これにより、WEB会議のメリットやデメリット、悩みなどが明らかとなった。

「WEB会議派」と「対面会議派」がおおよそ五分五分に

新型コロナウイルス感染症拡大や働き方改革の影響を受け、テレワーク制度を取り入れた企業も多いだろう。会議もWEBを活用したものが主となるなか、ビジネスパーソンはWEB会議についてどのように感じているのだろうか。

はじめに、「WEB会議と対面会議、どちらがよいか」を尋ねた。すると、「WEB会議」が48%、「対面会議」が52%と、対面会議の方がよいとの回答がやや多い結果となった。
「WEB会議派」と「対面会議派」がおおよそ五分五分に

加えて「対面会議がよい」と回答した人にその理由を尋ねると、「意思疎通しやすい」が最も多い結果に。次いで、「WEB会議は不具合が生じる」、「発言を議論しやすい」、「資料や現物の共有ができる」となった。

また、「WEB会議がよい」の回答者に理由を尋ねると、「移動しなくてよい」が2位以下と大きく差をつけて最多に。次いで、「緊張やストレスがない」、「会議が長引かない」、「画面共有ができて便利」となった。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら