経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

ビジネスチャットにおける新入社員のスタンプ、利用に肯定的な割合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社は2020年8月4日、「ビジネスチャットにおける新入社員のスタンプ利用に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2020年4月22~28日で、ビジネスチャット導入企業に勤務する30~50代の会社員875名から回答を得た。これにより、新入社員からのスタンプに対し、上司がどう感じているのかが明らかとなった。

社内チャットにおける新入社員からのスタンプ、上司の半数以上が肯定的

テレワークが普及し、対面でのコミュニケーションが限られる中、社内チャットにおけるスタンプ機能を、コミュニケーションの円滑化を図る目的で利用するシーンも増えている。一方で、新入社員から目上の上司に対し、スタンプを使ってもよいのかと悩む声が聞かれる。そこで、ワークスモバイルは上司層である30~50代を対象に、ビジネスシーンにおけるスタンプ利用の意識調査を実施した。

はじめに、社内チャットにおける「新入社員から上司へのスタンプの使用」について質問した。その結果、「積極的に使ってよい」が23.1%、「使ってよい」が32.1%と、合計55.2%の上司が新入社員のスタンプ使用に肯定的であることがわかった。
社内チャットにおける新入社員からのスタンプ、上司の半数以上が肯定的

年代別に見ると40代がスタンプ利用に最も肯定的

年代別に見ると、「積極的に使ってよい」、「使ってよい」との回答が、30代は合計59.9%、40代は合計61.4%となり、30代・40代では半数以上が寛容的であることが判明した。50代では30・40代に比べて「使ってよいと思わない」が16.5%、「全く使ってよいと思わない」が4.1%と、合わせて20.5%が利用に対して寛容度が低い傾向にあるが、最多の回答は「どちらでもない」で、35.1%となった。
年代別に見ると40代がスタンプ利用に最も肯定的

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら