経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業の資金調達の現状は? 注目している調達法や悩みの相談先を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社社長のきもちは2020年8月4日、資金調達に関するアンケートの結果を発表した。調査期間は2020年7月17~20日で、従業員規模200名以下の中小企業経営者1,030名を対象としたもの。これにより、経営者の資金調達に関する実態と課題が明らかとなった。

現在の資金調達方法や困っていることが明らかに

経営者にとって、資金調達は会社を経営する上で重要な仕事の1つだといえるが、中小企業の経営者は、どのように資金調達しているのだろうか。

はじめに、現在の資金調達方法を聞いた。すると、「金融機関からの融資や借入」との回答が、50.5%と最多に。次いで、「経営者の自己資金」が47.4%、「補助金や助成金」が32.1%となった。

「資金調達で困っていること」を尋ねると、「補助金や助成金の申請書類の作成」が30.1%と、最も多かった。以下、「金融機関からの貸し渋り・打ち切り」が22.9%、「担保できるものがない」が22.7%と続いた。補助金や助成金の申請に必要な書類は複雑であり、自社内での作成は、問合せや確認に手間がかかるなど難しいようだ。また、企業によっては金融機関からの貸し渋りや打ち切りが起きており、土壇場で不可能になってしまうなど、資金調達が困難な経営者がいるのも現状だ。
現在の資金調達方法や困っていることが明らかに

3割超の企業が資金調達に苦難。現在注目している方法とは

「資金調達ができずに倒産や休業の危機に陥ったことはあるか」を尋ねると、経営者の約3人に1人が資金調達の難航による倒産や休業の危機に遭ったことがあるとわかった。

そこで、「現在どのような資金調達方法に注目しているか」を尋ねると、「クラウドファンディング」が40.6%で最多に。次いで「ベンターキャピタル」が12.4%、「ファクタリング」11.8%となった。資金調達方法が多様化した昨今、新しい方法に注目している経営者も多いといえるだろう。理由として、「企業や企画の知名度・評価」や「所要期間・コストの減少」につながることなどが挙げられた。
3割超の企業が資金調達に苦難。現在注目している方法とは

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら