経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

6割の企業で売上が減り、補助金・助成金制度への理解も不十分。新型コロナウイルス感染症拡大は経営状況にどう影響しているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マネーフォワードは、2020年5月、「新型コロナウイルス感染症の影響による経営状況に関するアンケート調査」の結果を発表した。対象は、20歳以上の「経営者・役員」953名および「自営業」「自由業」を営む1,026名で、期間は法人向けのアンケートが4月10日~4月15日、個人事業主向けのアンケートが4月10日~4月13日。これにより、新型コロナウイルス感染症拡大で、企業や個人事業主の経営状況にどのような影響が出ているのかが明らかとなった。なお、ここでは企業についてお伝えする。

約4社に1社は「資金不足」と回答

経営者・役員953名に「新型コロナウイルス感染症の影響による売上の落ち込みは、現在どのくらいか?」と聞いたところ、60%が「落ち込んだ」と回答した。次いで、「横ばい」との回答が28%。一方、「増えている」という回答はわずか3%だった。
約4社に1社は「資金不足」と回答

また、「売上が落ち込んだ」と回答した576社に売上の落ち込み幅を尋ねると、50%以上落ち込んでいる企業が、合計で23%にものぼることが判明した。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら