経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

働く女性の健康に関する意識調査で「女性特有の健康課題」に対応する必要性が明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の体験型キャリア教育事業とエンプロイーエクスペリエンス(従業員の経験価値)関連事業を展開する株式会社バリューズフュージョンは、「女性特有の健康課題に関する意識調査」を実施した。調査対象は20~40代の働く女性。「女性特有の健康課題」に対する男性管理職の無関心・無理解や、企業内での配慮ある制度・仕組み不足が、多くの女性従業員の心理的な負荷につながっていることが明らかになった。

女性特有の健康課題について、男性上司には「言いにくい」女性が約7割

女性は男性と違い「月経」、「妊娠」、「出産」、「更年期」といった「女性特有の健康課題」を抱えている。上司が男性であることで、「女性特有の健康課題で体調が優れないときに言いにくいか」を聞いたところ、「とてもあてはまる」が24%、「ややあてはまる」が41%で合計65%という結果に。働く女性の約3人に2人が、男性上司には女性特有の課題で体調が優れなくても言いにくい実情がわかった。一方で、「言い出しにくい」という悩みは特に抱えていない、と答えた女性は20%にとどまった。たとえ体調が優れなくても言い出せず、心理的な負荷を抱えて働いている女性は多いことが判明した。
女性特有の健康課題について、男性上司には「言いにくい」女性が約7割

「我慢して辛い思いをしていること」や「気分が変わる場合があること」への理解が不足

次に、先の調査で「女性特有の健康課題で体調が優れないときに言いにくい」と回答した人を対象に、女性特有の健康課題について、男性上司に理解してもらいたいのはどのようなことかを尋ねた。その結果、「言い出せず、我慢して辛い思いをしていること」、「気分が変わる場合がある」ことを理解してもらいたいとの回答が、いずれも50%を超えた。また、年代別に見ると、年齢が若い女性ほど「言い出せず、我慢して辛い思いをしていること」を理解してほしいと思っている傾向が強いようだ。
「我慢して辛い思いをしていること」や「気分が変わる場合があること」への理解が不足

お気に入りに登録

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら