経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

2020年、中途採用市場の鍵は「越境採用力」。転職決定者のデータ分析から判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートキャリアは2020年1月、転職市場の動向に関する分析結果を発表した。これは、同社が運営する日本最大級の転職エージェントサービス「リクルートエージェント」が保有する2009~2018年度の転職決定者のデータを分析し、まとめたもの。2020年の中途採用市場では、企業に「越境採用力」が求められると指摘している。

異業種への転職経験者が約7割に。業種・職種の壁を越えた「越境転職」が一般化

「転職」と聞くと、あくまで前職と同業種・同職種の他企業に再就職するイメージが強いかもしれない。しかし、転職決定者のデータ分析から、ここ10年間の中途採用市場の動向として指摘できるのが、業種・職種の壁を越えて転職する「越境転職」のスタンダード化だ。

2009~2018年度の転職決定者データによると、同業種に転職した人は32.6%と3割弱にとどまっている一方で、異業種への転職が67.4%にのぼり、約7割の転職決定者がこれまでとは別の業種に就いたことがわかった。

また、2009~2013年の5年間に異業種転職が決定した数の平均を「1」として、2014~2018年の推移を見ると、伸び率でも、同業種転職よりも異業種転職の方が高いことがわかる。異業種転職は年々増加している傾向にあるといえるだろう。
異業種への転職経験者が約7割に。業種・職種の壁を越えた「越境転職」が一般化

転職前後の「業種×職種」の比率では「異業種×異職種転職」が最多

さらに、同じく2009~2018年度の転職決定者データから、転職前と後とで「業種×職種」の組み合わせはどうなっているのかを調べた。

・完全な越境である異業種・異職種への転職「異業種×異職種」
・前職とは異業種だが同じ職種へ転職「異業種×同職種」
・前職と同業種だが異職種に転職「同業種×異職種」
・前職と業種も職種も同じ企業へ転職「同業種×同職種」

上記の4種に分類し、転職者のキャリア移行の動向を分析。比率が最も高かったのは「異業種×異職種」で34%。次いで、「異業種×同職種」が33.4%という結果が出た。約3人に1人が、業種と職種の両方とも今までとは別のジャンルを選ぶ「越境転職」を果たしたことが、このデータからわかる。
転職前後の「業種×職種」の比率では「異業種×異職種転職」が最多

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら