経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

部長職の9割以上がプレイングマネージャー。上場企業に勤める部長の実態を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産業能率大学 総合研究所は2019年12月、上場企業に勤務している部長職社員の実態調査の結果を発表した。調査は、従業員数100人以上の上場企業に勤務し、部下が1人以上いる部長職社員約300人を対象とし、2019年3月20日~27日にインターネットで実施された。この調査によって、部長が置かれている職場での状況や課題などが明らかになった。

現場の業務量増加が原因か。部長の95.8%はプレイングマネージャーとならざるを得ない

近年、部長職に求められる能力と役割は増えているようだ。今回の調査の中で「プレイヤーとしての仕事の割合」について聞いたところ、部長となった後はプレイヤーとしての役割をまったく担わないと答えた人はわずか4.2%で、95.8%がプレイヤーとマネージャーを兼任しているという結果が出た。また加重平均を算出したところ、部長が担当している業務内容の約4割はプレイヤー的業務であることもわかった。自身のタスクをこなしつつ、部下のマネジメントを行うことが求められている部長が多いと考えられる。
現場の業務量増加が原因か。部長の95.8%はプレイングマネージャーとならざるを得ない

3年間で業務量は増加。成果へのプレッシャーも強まる

また、「3年前と現在と、職場の状況はどのように変化したか」という質問では、「業務量が増加した」という回答が45.5%と最も多かった。次いで「コンプライアンス強化により制約の厳しさを感じている」(37.2%)、「成果に対するプレッシャーが増加した」(34.5%)という結果になった。
3年間で業務量は増加。成果へのプレッシャーも強まる

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら