経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

月平均の残業時間、男性は女性の約1.6倍。世代別では10~20代が最長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Donutsは2019年7月、一人あたりの月平均残業時間と年次有給休暇取得率に関するデータ集計の結果を発表した。この調査は、同社が提供するクラウド型バックオフィス支援システム「ジョブカン勤怠管理」の出勤管理・休暇申請管理プランと、「ジョブカン労務管理」を利用している企業を対象に、2018年1月1日~12月31日の期間で実施された(有効サンプル数は133社、調査対象人数2,263名)。「時間外労働の上限規制」は働き方改革関連法案の中でも特に注目されている柱の1つだが、【男女別】、【世代別】、【勤続年数別】でどのような違いがあるだろうか。

月平均の残業時間について、男女別では「男性」のほうが多く、「女性」の約1.6倍となる14.04時間残業をしていることが分かった。

世代別では、「20代以下」の残業時間が13.35時間と最も長く、世代が高くなるにつれて残業時間は短くなり、最も残業時間が短かったのは「60代以上」の5.68時間であった。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら