経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

働く人のおよそ半数が社内外を移動しながら働いている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コクヨは2019年5月22日、仕事環境の変化と持ち運ぶものについて調査を実施し、その集計結果を発表した。その結果、働く人のおよそ半数が、社内外を移動しながら働いていることが判明した。調査はインターネットを利用して2回に分けて実施した。調査期間は2016年12月15日~16日と、2017年4月12日~13日。調査対象は1回目が日本全国の20~64歳の男女2万9146名で、2回目が2万9023名。

調査の結果、オフィス内で仕事をする人は約50%で、公共空間などを移動しながら仕事をする人が約14%。社内と社外のどちらでも仕事をする人が約11%。コクヨによると、重複を除けば社内外を移動しながら仕事をする人は全体の約50%だという。

そして、およそ2~3年前に比べて、仕事環境がどのように変化したかを尋ねたところ、「デバイスやネット環境の普及」「移動機会の増加」「持ち運ぶモノが増えた」「働く場所の増加」という回答が上位を占めた。2~3年前に比べて、移動しながら働く機会が増えていると考えられる。

移動しながら持ち歩くものとしては、「文具」という回答が最も多く、以下「紙類/書類」「デジタルデバイス」「日用品」という順番になった。コクヨはさらに、フリーアドレス環境で働く人の方が、固定席で働く人よりも持ち歩くものが多い傾向があるとし、働き方の多様化が持ち運ぶものに変化をもたらしていると考えられると分析している。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら