経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者自身のストレスケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業のメンタルヘルス対策の重要性を経営者の方へご説明する機会が多くある。最近では、企業のメンタルヘルス対策が重要だという考えをお持ちの経営者の方が増えてきている。
経営者の方と打ち解けてくると、大体経営者の方が仰るのは「でもねぇ。本当に対策してほしいのは自分(経営者)のメンタルヘルス対策だよ」ということだ。

経営者の方はご自身で判断し、誰にも相談することができないことが多い。経営者に悩みや迷いがあると、企業全体に影響してしまう可能性もある。そういう意味では、経営者のメンタルヘルス対策も重要であるはずだ。

自分自身のメンタルヘルス対策のことを専門用語では、「セルフケア」という。このセルフケアのポイントとしては、

(1)ストレスに早く気づくこと
(2)ストレスに適切に対処すること

がある。

(1)のストレスに早く気づくためには、自身のストレスサイン(特に出やすいもの)を見逃さないように心掛けることが大切だ。

身体面では、肩こり、目の疲れ、体のだるさ、脱毛、頭痛、腰痛、夜入眠できない、夜途中で起きてしまう…等

心理面では、不安である、落ち込んだ気分である、イライラする、怒りが込み上げてくる、集中力が低下している、希望がないように感じる、わけもなく涙が出る、やる気がでない…等

行動面では、生活が乱れる、過食してしまう、散財する、過度の飲酒や喫煙、ギャンブル、暴言、暴力的な物言いをしてしまう…等がある。

人によってストレスの現れ方は様々だが、よく出やすいパターンがあるので、まずはそれを意識してみるとよい。自分のサインを見つけることによって、より早くストレスに気づくことができるようになる。今までの生活の中で、何か思い当たる節はあるだろうか。ぜひ振り返ってみていただきたい。

ストレスに気づいた後は、(2)に示したように、ストレスへ適切に対処することが必要になる。

ストレスへの対処と聞くと、「何だか大変そう」と身構えてしまうが、日々の暮らしの中で実行できるものもある。今回は、暮らしの中で簡単にできるものをお伝えする。

1. 生活習慣を整える
健康に生活するためには、良質な睡眠・バランスのとれた食事・適度な運動習慣の3本柱が大切だ。健康な心は、リズムある生活習慣の中で作られる。ストレスの解消を目的としたタバコや過度の飲酒は不健康な健康習慣につながりやすく、長期的にみると悪循環に陥りやすい。それらに代わるほかの健康的なストレス解消法を身につけることが望ましい。

2. 身近なストレス解消法を持つ
自分に合った気分転換法を見つけることが大切だ。なるべく自分に合ったものを早めに見つけることが、ビジネスパーソンとしても必要かもしれない。趣味的なものとしては、読書、音楽、映画鑑賞、カラオケなどがある。リラックスできるものとしては、入浴、深呼吸、自然を楽しむ(散歩、登山、ガーデニング、旅行)などがある。

3. 発想の転換をする
人は知らず知らずに考え方が固まっていく(専門的にはスキーマと呼ばれる)もの。それを念頭に置いていれば、逆に、自分の行動への見方を変えてみることもできるだろう。

例えば
・半分しかできなかった → 半分もできた
・絶対にやらなければならない → ときにはできないこともある
・この人のやり方は気に食わない → 人の数だけ考え方がある

と考えてみる。そう考えることで、気分が楽になり、解決方法も見つかっていくことがある。

4. 専門家へ相談してみる
経営者の方は、社員用の外部相談窓口を設置したとしても、それを社員専用と思い込み、自身が利用するという発想がない傾向がある。せっかくの制度なので、経営者自身も一人で抱え込まず、相談窓口を利用してみることが有効だ。

セルフケアを活用し、従業員だけでなく経営者自身の悩みや迷いを解消していくことが重要だ。


Office CPSR 臨床心理士・社会保険労務士事務所 代表
一般社団法人 ウエルフルジャパン 理事
産業能率大学兼任講師
植田 健太

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら