経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

生産性向上のカギを握るマネジメント改革 - 「働き方改革」を「ゆとり労働」にしないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料情報

お気に入りに登録

特徴

管理職の「マネジメント改革」と「人材育成(能力開発)」を同時達成させるための実務的なヒントとなるお役立ち資料です。世間では「長時間労働の見直し」や「テレワークの試行」など、「働き方のルール」や「就労条件」に関する話題が多い印象を受けますが、御社ではどのように取り組んでいらっしゃいますか?

「働き方改革は、ただ単に残業削減が目的ではない。生産性向上こそが本命である」とよく言われます。ただ単に労働時間を短縮しただけでは、「ゆとり労働」になってしまい、企業競争力を削いでしまう恐れがあります。


★「生産性、部長の異動で、急上昇(サラリーマン川柳)」


この一句は、部長(管理職)の采配如何で、組織の生産性は大きく変わることを見事に言い当てています。生産性向上のカギを握るのは、管理職です。

※同業の方のダウンロードはご遠慮ください。

企業情報

提供 株式会社マネジメントパートナー
住所 〒113-0033 東京都文京区本郷2-13-10 湯淺ビル6階
代表者 廣田 文將
資本金 4920万円
売上高 非公開
従業員数 15名
事業概要 1999年の創業以来、700社のクライアント企業に対して、
10,000回超の研修・コンサルティングを実施してきました。

【事業内容】
お客様の夢をかなえるために、人と組織の“変わる”を応援する
・社員教育研修及びコンサルティングの企画・実施
・人事諸制度策定のコンサルティング
【得意分野】
・次世代リーダーの育成とストック
・事業戦略の実行力強化
・若手社員の育成と定着

お客様の「成果・現場・自律」にこだわり、お客様の夢
(ビジョン・事業計画)実現に向けて伴走します。
問合せ先 03-5805-3671
URL http://wagamamasencho.mg-p.co.jp/

このページを閲覧した人がよく見る関連情報

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら