経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「アナリティカルシンキングトレーニング」ご案内資料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料情報

お気に入りに登録

特徴

AIを使いこなす世界の先進企業は何が違うのか?

<概要>
世界を席巻するAmazon、uber、Airbnbなどの先進企業はデータインフォームド(データを根拠とした)な意思決定による経営があたりまえに行われています。

日本でも多くの企業がAIや機械学習のビジネスへ活用することに取組むことをスタートしていますが、AIを導入したものの、プロジェクトが失敗したというケースはあとを絶ちません。では一体、米国の先進企業とはどこに違いがあるのでしょうか。それは、データからAIが導きだした数字や結果を生かすための“思考法”が異なるのです。日本のビジネスの慣習ともいえるロジカルシンキングやPDCAサイクルとは異なるAI時代の思考法「アナリティカルシンキング」が採り入れられているのです。つまり、テクノロジーの進化とともに、思考法も手法もパラダイムシフトが起きていることに日本のビジネスパーソンは気づくべきです。

次世代を担うビジネスリーダーに、データを活用したマネジメントスキルを身につけていただくために、シリコンバレーのExploratory社と共同開発したのが本トレーニングです。少数による実践方式で、AIが導き出した結果の読み方や捉え方をはじめ、新思考法「アナリティカルシンキング」を1日で身につけていきます。

企業情報

提供 株式会社セレブレイン
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂3-4-4 専修赤坂ビル2F
代表者 高城 幸司
資本金 4,950万円
売上高 非公開
従業員数 非公開
事業概要 ●人事戦略コンサルティング
●人材育成コンサルティング
●HRテクノロジーコンサルティング
●エグゼクティブサーチ コンサルティング
 (人材紹介事業許可番号: 13-ユ-040380)
問合せ先 03-3568-6688
URL https://www.celebrain.com/

このページを閲覧した人がよく見る関連情報

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら