経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

【導入事例】「人」を発信することで、カルチャーマッチした社員を獲得できたワケ - カラダノート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料情報

お気に入りに登録
  • 提供

    株式会社PR Table

  • 分野

    組織・人材

  • 種別

    お役立ち

  • データ形式

    pdf(容量:682 KB)

特徴

2018年12月で創業から10年を迎える、株式会社カラダノート。しかし、今年の2月まで広報を担う部署がなく、会社として外部への情報発信が十分とはいえない状況だった。

会社初の広報担当者である彦坂真依子さんが、プレスリリースの配信のほか、顧客に提供しているアプリやサービス開発の裏方にフォーカスしたストーリー発信をしていこうと社に提案。知人の紹介で知ったPR Tableを導入した。ストーリー発信に加え、週1回、社の様子もコンテンツ配信。新聞社からの取材にもつながったという。今回は彦坂さんに、PR Tableを導入した経緯と結果について話をうかがった。


<トピック>
1.創業10年広報なし、アプリやサービスの裏側にいる人にフォーカスした発信を―導入の経緯
2.ストーリー発信をきっかけに外部取材の依頼も―実感した効果
3.社員一人ひとりのストーリーを発信したい―今後の展望


気になる方は、ダウンロードの上ご覧ください!

企業情報

提供 株式会社PR Table
住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル7F
代表者 大堀航 / 大堀海
資本金 1億8,518万円
売上高 非公開
従業員数 15
事業概要 『PR Table』の企画・開発・運営 / 『PR Table Community』の企画・運営
問合せ先 03-6432-9749
URL https://www.pr-table.com/

この企業が提供するサービス・資料・セミナー

このページを閲覧した人がよく見る関連情報

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら