経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

【調査レポート】コロナ禍が経営目標に与えた影響とは? 事業運営のロードマップはどう変化したのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料情報

お気に入りに登録

特徴

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コロナ禍で変化を迫られる企業が多い中、
マネジメントと個々人の自律力の向上が対応の鍵を握る

~「目標設定と達成度」に関するアンケート調査結果報告~
<調査期間:2020年10月30日~11月12日>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新型コロナウイルス感染症拡大に伴うパンデミックは、あらゆる業界の事業運営に多大な影響を与えました。このような中、経営目標や経営戦略の見直し、再設定、再構築を迫られた企業も少なくなかったのではないかと推測されます。果たして、コロナ禍において、各社が描いていたロードマップはどのように変化していったのでしょうか。

フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社は、2020年10月30日~11月12日に、従業員数301名以上の企業に所属する、課長職以上の人事担当者、経営者を対象にアンケート調査を実施しました。(実施媒体:HRプロ、有効回答:62件)

今回は、その調査結果から、「経営目標と個人目標のつながり」やコロナ禍の経営影響と対応策、各社の事業責任者から寄せられた課題をご紹介します。調査レポートの詳細については、下記よりダウンロードの上ご覧ください!

企業情報

提供 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
住所 〒102-0075 東京都千代田区三番町5-7 精糖会館7階
代表者 ブライアン・マーティーニ
資本金 26000000円
売上高 非公開
従業員数 62名
事業概要 「7つの習慣」を基盤としながら、企業や組織が抱える複雑な課題やニーズに応えるために、人財開発に不可欠な以下7つの分野について専門知識の提供を実施
①戦略実行 ② 知的生産性 ③ 信頼 ④ リーダーシップ ⑤ 営業パフォーマンス⑥ 顧客ロイヤルティ ⑦ 教育
問合せ先 03-3237-7711
URL https://www.franklincovey.co.jp/

この企業が提供するサービス・資料・セミナー

このページを閲覧した人がよく見る関連情報

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら