経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

今こそ始めよう! すぐにできる、 電子契約の始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料情報

お気に入りに登録
最短1週間で導入&利用開始! 電子契約で「完全な」テレワークの実現、 もう捺印のためだけの出社は不要です

特徴

電子署名サービス導入・展開へのステップ ~成功のコツは、導入しやすいところからのスモールスタート~
電子署名サービスの導入・展開のステップについて、確認事項を含めご説明します。

1. 契約書の選定

まずは管理する契約書のなかで、最初に電子契約に切り替える契約書を選定します。社内の法務担当者に確認しましょう。社外との
取引に関する契約書を選定する場合は、取引先の意向によっては切り替えができない場合も想定し、一部のみ電子契約に切り替えて
問題が無い等も含めて確認しておきます。

2. 事前準備(関係者への合意形成・説明・過去契約書の電子化)

1 で選定した契約書の承認フローに含まれる関係者に説明し、合意を得ます。社外との取引に関する契約書を電子契約に切り替える
場合は、事前に取引先に伝えて切替可否を確認します(切替不可の取引先については、従来の紙契約書でのやり取りを継続しま
す)。また、社内で契約書の送信者にあたる方に対しては、電子署名サービスでの送信方法を説明します。受信者(署名される方)
の操作は簡単ですので、実際の署名時にお伝えすれば良いでしょう。
これまで契約書を電子保管されていなかった場合は、過去の紙契約書をスキャンして電子化し、社外からでもアクセス可能なサーバ
ーやクラウド上のシステムに格納しておくことで、過去の契約書の閲覧もテレワークで実施できるようになります。

3. 電子契約の実施

電子契約を行い、送信者・受信者共に問題無く操作ができることを確認します。ここまで完了すれば、1 で選定した契約書の契約業
務については完全なテレワーク化が可能となります。
運用について徐々に社内に周知し、適用する契約書の範囲を広げていくことで、契約業務のテレワーク化を実現しましょう。

企業情報

提供 富士ゼロックス株式会社
住所 〒107-0052 東京都東京都港区赤坂九丁目7番3号
代表者 玉井 光一
資本金 200億円
売上高 9,583億円(2020年3月期 連結)
従業員数 39,825名(2020年3月期 連結)
事業概要 富士ゼロックスは1962年の創業以来培ってきた「紙の情報を複写する」というビジネスからの事業構造転換を進めています。独自のAI技術やIoTを活用し、働き方改革を支援する価値提供戦略Smart Work Innovationのもと、お客様の生産性向上・競争力強化を支援、さらには経営課題の解決に貢献するソリューション&サービスを提供します。
問合せ先 045-264-6074
URL https://www.fujixerox.co.jp/

この企業が提供するサービス・資料・セミナー

このページを閲覧した人がよく見る関連情報

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら