経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

【タナベ経営 オリジナルフォーマット】後継経営者・後継者・後継幹部・後継者候補を中長期の時間軸で具体的に定める経営体制のロードマップ『事業承継カレンダー』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料情報

お気に入りに登録
【タナベ経営 オリジナルフォーマット】後継経営者・後継者・後継幹部・後継者候補を中長期の時間軸で具体的に定める経営体制のロードマップ『事業承継カレンダー』

特徴

東証一部上場・創業60年以上、日本の経営コンサルティングファームのパイオニア、タナベ経営のコンテンツ公開!
【タナベ経営 オリジナルフォーマット】

後継経営者・後継者・後継幹部・後継者候補を中長期の時間軸で具体的に定める経営体制のロードマップ『事業承継カレンダー』

事業承継のスタートにぜひご活用ください。
事業承継は重要な判断ですが、明確な期限が決まっていないことから意思決定を先送りにするケースが多いです。しかし中堅・中小企業のオーナーにとって避けては通れない経営課題です。
まずは仮説ベースでバトンタッチの時期を決め、逆算思考で後継者および、そのブレーンスタッフのキャリアステップや育成カリキュラムを考えることが重要です。それが事業承継のマスタープランになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●以下のような方におすすめ

・後継者へのバトンタッチの時期が明確に決まっておらず、判断を先送りしている。
・後継者のブレーンを決めておらず、その育成方針も曖昧なままである。
・資本継承についても打ち手が遅れることで、事業承継における税務リスクが高まっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●期待効果

・事業承継のマスタープランが明確になり、前向きな手を打つことができる。
・後継者を定めることで、資本戦略や組織戦略においても明確な価値判断基準ができる。
・ブレーンスタッフを決めることで経営者として育てるための道筋ができる。

企業情報

提供 株式会社タナベ経営
住所 〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原3-3-41
代表者 若松 孝彦
資本金 17億7,200万円
売上高 87億9,700万円
従業員数 411名(2020年4月1日現在)
事業概要 経営コンサルティング内容
●ビジネスドメイン(業種・事業領域)コンサルティング
●ファンクション(経営機能)コンサルティング
●HRコンサルティング(人事制度・人材育成・FCCアカデミー〈企業内大学〉設立・研究会・FCCセミナー)
●M&Aコンサルティング
●金融機関コンサルティング
●マーケティングコンサルティング(プロモーション・ブランディング・デザイン・クリエイティブ・ダイアリー)
●デジタルコンサルティング(デジタルマーケティング・Web診断・ Webサイト構築)
問合せ先 06-7177-4008
URL https://www.tanabekeiei.co.jp/

この企業が提供するサービス・資料・セミナー

このページを閲覧した人がよく見る関連情報

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら