経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

ハラスメントサーベイを行うときの5つの注意点を法務担当者が解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料情報

お気に入りに登録

特徴

<概要>
2020年6月に施行された「パワハラ防止法」で、企業に対してハラスメント対策のための相談窓口設置が義務化されました。中小企業では現在は努力義務となっていますが、2022年4月1日には、大企業と同様に義務化が適用されます。

ハラスメントについて適切に対応しない場合、従業員に対する安全配慮義務違反となる可能性があります。従業員から相談を受ける前に、企業が先回りして状況を把握し対応すれば、ハラスメントの問題を最小化できます。では、具体的にどのような対応が有効なのでしょうか。

本資料では、「ハラスメントサーベイ」を用いたハラスメント調査の活用方法と5つの注意点を法務担当者が解説します。貴社のハラスメント対策にぜひお役立てください。

企業情報

提供 株式会社SmartHR / SmartHR, Inc.
住所 〒106-6217 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
代表者 代表取締役 芹澤 雅人
資本金 9990万円
売上高 非公開
従業員数 526名(2021年12月1日時点)
事業概要 SmartHR の企画・開発・運営・販売
問合せ先 00-0000-0000
URL https://smarthr.jp/

この企業が提供するサービス・資料・セミナー

このページを閲覧した人がよく見る関連情報

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら