経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

2020年6月から施行。「パワハラ防止法」で企業はどう変わるべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料情報

お気に入りに登録

特徴

2020年6月より、パワーハラスメントの防止を企業に義務付ける法律、「改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)」が施行されます。事業主は職場におけるハラスメントを防止するためにいくつかの措置を講じる必要があり、パワハラの内容が悪質で行政の勧告に従わなかったときは、企業名が公表される場合もあります。そこで本資料では、「改正労働施策総合推進法」について、知っておくべきポイントや企業が対応すべきことをまとめました。また、忙しい人事労務担当者の負担を軽くしこれらの法改正へ対応できるよう業務を効率化する「SmartHR」についてもあわせて解説します。


◆パワハラ防止法とは?
◆パワハラと認定される行為
◆ハラスメント防止のために講ずべき措置
◆パワハラが認められた過去の判例
◆セクハラ・マタハラも対策強化が義務化
◆誰が法改正(働き方改革)に対応するのか?
◆SmartHRで人事労務の業務を効率化

企業情報

提供 株式会社SmartHR / SmartHR, Inc.
住所 〒106-6239 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 39F
代表者 代表取締役 宮田 昇始
資本金 76億7354万円
売上高 非公開
従業員数 141名(派遣スタッフ、インターン含む)※2019年8月1日時点
事業概要 SmartHR の企画・開発・運営・販売
問合せ先 03-6804-1880
URL https://smarthr.jp/

この企業が提供するサービス・資料・セミナー

このページを閲覧した人がよく見る関連情報

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら