経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

準備、進んでいますか?2020年4月からの電子申請義務化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料情報

お気に入りに登録

特徴

2020年4月1日から各種行政手続について電子申請の義務化が始まります。
資本金等が1億円を超える法人は、2020年の4月から、社会保険手続を紙ではなく電子申請で行う義務があります。まず対象となるのは資本金が1億円を超える大企業のみですが、特に雇用保険関係の入退社の手続き、年次業務(算定、年度更新、月額変更など)については、待ったなしの対応に迫られます。では、どのように申請をするべきなのでしょうか?

本資料では、「電子申請義務化」への2つの対応方法とそれぞれのメリット・デメリット、そしてクラウド労務管理ソフト「SmartHR」についてわかりやすく解説します。

企業情報

提供 株式会社SmartHR / SmartHR, Inc.
住所 〒106-6239 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 39F
代表者 代表取締役 宮田 昇始
資本金 76億7354万円
売上高 非公開
従業員数 141名(派遣スタッフ、インターン含む)※2019年8月1日時点
事業概要 SmartHR の企画・開発・運営・販売
問合せ先 03-6804-1880
URL https://smarthr.jp/

この企業が提供するサービス・資料・セミナー

このページを閲覧した人がよく見る関連情報

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら