経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

サプライチェーン・マネジメント(SCM)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「サプライ(供給)チェーン(鎖)」とは、ひとつの商品が製品として誕生する以前の企画段階から、原材料の調達を経て製造、販売し消費者の手に届くまでの一連の流れのことを言う。各工程が独立しているのではなく、時間的にも物質的にも鎖のようにつながっていることからこう呼ぶ。
 この「サプライチェーン」は、部品製造、メーカー、卸売り、配送業者など、異なる企業や組織が工程ごとに関わるのが通常のあり方だ。
 サプライチェーンマネジメント(SCM)とは、このサプライチェーンにおいて企業や組織の垣根をなくし、まるで一つの事業体のように情報や資源を共有しサプライチェーンの最適化を図ろうとするビジネス手法のことだ。

 サプライチェーンマネジメントでは、管理にコンピューターを活用することが多い。資材の調達、製造、物流、販売のすべてを一括管理することで、無駄のない合理的な生産システムが可能となる。
 たとえば、コンピューターを用いて過去の業務データを分析し、分析結果に基づいて必要な分だけ原材料を仕入れ製造・供給。そうすれば、在庫を抱えこんだり、供給過剰となって安売りするはめに陥るのを防ぐこともできる。

 サプライチェーンマネジメントのお手本ともいえるのが、トヨタの「かんばん方式」だろう。各部品箱に、部品納入の時間、数量が書かれた作業指示書=かんばんをつけて部品補給を徹底管理。必要なものを必要な時に必要なだけ作る「ジャストインタイム」とも呼ばれる生産システムによって、在庫を極力なくす仕組みをとっている。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら