経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

ソーシャルレンディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いま、世界の金融と投資を大きく変えようとしているのが、お金を貸したい投資家(レンダー)と借り手(ボロワー)をインターネットを通じて仲介するソーシャルレンディング。投資型クラウドファンディングとも呼ばれるもので、最近、話題を集めている金融系のITサービス「フィンテック」(ファイナンスとテクノロジーを合わせた造語)の中でも代表的な急成長サービスのひとつ。ソーシャルレンディングの世界大手5社の取扱額は、2014年時で約1兆円の規模に達しているとされる(Liberum調べ)。

 設備投資や新規出店といった目的で資金を求める企業などに対し、ソーシャルレンディングの運営会社がファンドをつくって個人投資家から募った資金を融資し、返済されると個人投資家に配当を分配するというのが一般的な仕組み。借り手には、中小企業やベンチャー企業などでも資金を調達しやすいこと、投資家には、ほかの金融商品よりかなりの高利回りが期待できることなどがメリットだ。日本でもソーシャルレンディングの運営会社は増えてきている。銀行よりハードルが低い事業資金の調達先として、今後、企業の注目が高まりそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら