経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

サイバーマンデー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「買物をするときは車で大型ショッピングモールへ」というスタイルが一般的な米国で、一年のうち最も消費が盛り上がるのは感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日。「ブラックフライデー」と呼ばれるこの日から年末セールがいっせいに始まり、土日にかけて道路は大渋滞、店舗は買物客でごった返すというのが毎年おなじみの風景だ。

 一方、近年、米国で台頭してきたオンラインショップでは、実店舗から少し遅れて、感謝祭の休暇明けの月曜日に売上が急増する。そこで、この日はブラックフライデーに対して「サイバーマンデー(Cyber Monday)」と呼ばれるようになり、オンラインショップ各社がホリデーシーズンのセールを開始するのが恒例となった。オンラインで買物をする人が増えた現在では、サイバーマンデーはブラックフライデーと並ぶ米国の年末商戦の大きな山場だ。

 日本ではAmazon.co.jpが「冬のボーナス時期であり、年間で最も多くの顧客がサイトを訪れている」として、12月の第2月曜日をサイバーマンデー(ネットショッピングが最も盛り上がる記念日)と日本記念日協会に登録。2012年からサイバーマンデーのセールを大々的に実施している。日本でもオンラインショップを利用する人がさらに増えれば、サイバーマンデーが浸透していきそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら