経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

コンプライアンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業活動を行う上で守るべき法令には、商法や独占禁止法、個人情報保護法などさまざまなものがある。違法行為が明るみになれば、行政処分を受け、顧客の信用やブランドイメージを落とし、業績に悪影響が及ぶ。コンプライアンス(法令順守)は、大手企業に限らず、中小企業にとっても、トップが取り組むことが求められる重要な経営課題になってきた。

 コンプライアンス対策を怠れば、最悪の場合、企業の存続も左右しかねない。帝国データバンクの「2014年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査」によれば、粉飾決算や業法違反、脱税などが発覚した企業の「コンプライアンス倒産」は219件。2010年度から5年連続の前年度比増となり、過去最多を更新している。

 一方、コンプライアンス体制が整備されている企業として認められれば、評価が高まり、株価への好影響にもつながる。海外で広がってきているのが「社会的責任投資(SRI)」。法令順守や環境への配慮などを評価し投資するSRIファンドも増えている。企業経営のリスクを減らし、ベネフィットを増やすためにも、コンプライアンス対策の推進が求められている。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら