経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

ビッグデータ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世の中で日々生み出されている膨大で多様な電子情報、「ビッグデータ」を活用しようという動きが活発化している。2015年9月には、ビッグデータの有効活用によって新産業の創出をという政府の狙いで改正個人情報保護法が成立。個人情報保護の観点から二の足を踏んできた企業も、ビッグデータをビジネスに利用しやすい環境が整ってきた。

 ビッグデータ活用の先進企業といえば、世界では検索サービスのGoogleやECサイトのAmazonなどが有名だが、日本でも幅広い業種で活用が進んでいる。トヨタでは「ビッグデータ交通情報サービス」として企業や自治体向けに自動車のリアルタイム走行情報などを提供。ビッグデータを活用した新薬開発をスタートさせている製薬会社もある。

 ビッグデータの活用範囲はビジネスの数だけあると言っていいほど広い。また、最近はビッグデータの高度な分析スキルを持つ人材、データサイエンティストも脚光を浴びている。ビッグデータの活用を考える企業にとっては、データ分析力や、それを自社の事業戦略に結びつける発想力を持つ人材の確保、育成も重要になってきそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら