経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

ドローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドローン(drone)とはオスのハチを意味する英語。これが転じ、命令を受けて自律飛行する無人機を指す言葉としても使われている。偵察や攻撃に使われている軍用ドローンは主翼を持つ幅十数メートルの大型機だが、商用ドローンは幅数十センチメートルほどの中型機や小型機で、回転翼を持つマルチコプターが大半だ。

 近年、ドローンは普及が急速に進み、商用では航空測量や建設現場の監視などに使われているが、米国では規制緩和が進むことで、今後、巨大なドローン市場が生まれるとみられている。インターネット通販大手の米アマゾンは、商品をドローンで注文者に届ける画期的な配送サービスの構想を発表。一定高度の空域でドローンが時速100キロメートル超で飛行できる「ドローンハイウェイ」の提唱も行っている。IT大手の米グーグルもドローンで荷物を搬送する実証実験を進めるなど、革新的なビジネスをいち早く立ち上げようとの構えだ。

 ドローンのビジネス活用に関して、日本は欧米や中国に大きく出遅れているが、商用ドローンが世界の空を飛び回り、人に代わっていろいろな業務をこなす時代はすぐそこまで近づいている。ビジネスチャンスを逃す手はない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら