経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働力人口が減少する中、企業は限られた人材をコア業務により集中させることが必要になる。そこで、今後、利用が拡大しそうなのが、自社の業務プロセスを継続的に外部企業に委託するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)。案件単位で発注する従来型のアウトソーシングと違い、専門のサービス会社が業務プロセスの再設計、最適化から業務の運用、管理まで一括して長期間引き受けてくれることがメリットだ。

BPOの利用が多いのは、人事、総務、経理といった間接部門やコールセンターなどの業務だが、いま、特に企業の関心が高いのが、2016年1月から始まるマイナンバー制度への対応に必要な業務のBPOサービス。制度導入で煩雑な業務が発生する上、マイナンバーは「特定個人情報」にあたり、事業者はその適正な取り扱いに関する厳格な安全管理措置義務を負う。信頼できる外部事業者に最初から委託すれば、自社から「特定個人情報」が漏えいするリスクもなく、安心というわけだ。

最近は、企業ごとにオーダーメイドのBPOサービスも提供されている。上手に利用して経営合理化を実現する企業が増えていきそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら