経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

ストレスチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月には、ストレスチェック義務化法の施行が決定している。
ストレスチェックとは、事業者が労働者に対して行う心理的な負担の程度を把握するための検査をいう。従業員数50人以上の事業所に適用され、50人未満の事業場では当分の間努力義務となる。(厚生労働省HPより)

背景に、日本における自殺者・うつ病などに代表されるメンタルヘルス障害の増加などがあろう。精神的ストレスでの欠勤、休職の長期化、業務遂行能力低下などによる組織力の低下が問題視されてきた。

近年の日本企業においても、リスクマネジメントの一環として、企業で働く従業員の心のケアを行う「EAP(Employee Assistance Program)」が普及してきている。

今後、メンタルヘルス市場は、2020年に昨年比で約2.5倍にあたる150億円もの市場になるとの試算(出展:富士経済)もある中で、日本の行政が、民間のEAP支援サービスに加えて、企業の「心の健康づくり」対策義務化へ動き出したといった格好である。

ストレスチェックの結果は実施者から直接本人に通知し、本人の同意がない限りは事業者に提供することはできず、労働者に対する不利益な取扱いが行われないように配慮されるようだ。

ストレスチェックをメンタル管理の一施策としてとらえるだけでなく、従業員の健康に配慮するといった「個の支援」と、健康経営などでも語られる経営面における成果といった「組織の成長」を結びつけて、強い組織づくりに役立ていくのがお勧めだ。そのためにもストレスチェックの運用方法・実務の対応を、ぬかりなく実施していきたいものである。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら