経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営プロ編集部×最新トレンド

経営戦略と組織・人事戦略を融合するタレントマネジメントシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タレントマネジメントとは、経営戦略、事業戦略に合わせて人材の採用、育成、評価、発掘、適材適所の配置を行うことであり、経営ビジョンを社員に浸透させ、社員のやる気を引き出し、成果に結びつけることである。

「タレント」というと、一部の才能のある人だけを指していると誤解されるが、タレントマネジメントが目指すものは経営戦略実現のために全社員の能力を最大化することであり、経営戦略・事業戦略と組織・人事戦略を結ぶための「枠組み」といえる。

このタレントマネジメントの枠組みを最新のITを用いてシステム化する、いわゆるタレントマネジメントシステムで、非常に大きな可能性が生まれるようになっている。
それは、「データ活用による状況判断、適材適所のスピードを向上すること」、「先端的なシステムの力により経営者、リーダーを含む社員全員一人ひとりに個別対応できること」、さらに「システム力によってビジネスと組織・人事戦略の連携を強化すること」によって、その企業のビジネス力そのものを向上していく可能性である。
 
具体的にいえば、次のようなことだ。
人事関連のデータを一元的にマネジメントすることにより、採用、育成、評価、発掘、適材適所の配置などについて客観的なデータで分析することが可能になる。簡単にいえば、勘に頼る人事から科学的なものに進化することができる。
また、これまでのタレントマネジメントシステムは「人事が見るためのシステム」であることが多かったのだが、最近は、システムを使う主役は経営者、リーダーを含む社員全員に変わりつつある。システムを使って経営者は人材の全体状況を把握し、部門長、マネージャーは自分の部門や他部門の状況を把握できる。一方、社員は自分の個別の状況に応じたサービスを決め、きめ細かく受けることができ、自身のことを客観的に把握することができる。
 
そして、かつてのタレントマネジメントシステムは導入コストが高かったのだが、クラウド化が主流になってきて、コストが劇的に安くなってきている。できることが大幅に広がっただけでなく、使った分だけ料金を支払うようになり、導入へのハードルが極めて低くなってきているのだ。

また、データがそろえられる、導入しやすいところから部分的にスタートすることができる。採用、育成、評価、発掘、適材適所の配置などの中から部分的にスタートし、あとから必要に応じて徐々に範囲を拡げていけばよい。
日本企業は、タレントマネジメントの領域で海外企業に比べて非常に遅れているといわれる。このままでは、欧米企業と比べてさらに生産性で差がついてしまうかもしれない。
導入がまだの企業は、人事だけでなく経営層自ら最新の事例などの情報収集をしてほしい。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら