経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

特別読み切り

We are Change Accelerators! 今、エグゼクティブが動くべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この5年が勝負だ

この5年が勝負だ

グローバル化や技術革新、環境問題や高齢化など、様々なビジネス環境の変化が企業に変革を迫っています。企業は「人」が動かしていますから、企業の変革の成否は「人」が握っていることは間違いがありません。そして人材と組織の開発が、変化を促進することも間違いがありません。ですから、人材と組織に関わる私たちがChange Accelerator(変化を加速させる存在)であるべきです。
 ところが人材開発には一定の時間が必要です。Inputや経験の積み重ねが実力になるためには数年~10年単位で取り組む必要があるといわれます。できるだけ若いころから人材を鍛え始めるのはそのためです。
しかし一方で、環境の変化は待ってくれません。おそらくこの4,5年で勝負が決まってしまうようなスピード感ではないでしょうか。

エグゼクティブリーダーが動くべき

この4,5年で勝負が決まるとしたら、今、力を発揮しなければならないのは、今、企業の舵を握っているエクゼクティブリーダーです。
さらに今、ビジネスはグローバル化を前提にして変化しています。世界に伍して戦える企業であることを市場に訴えるためには、世界標準の枠組みの中で闘う必要もあります。例えば、昨今のコーポレートガバナンスでは日本企業は高い次元での成長投資や環境・社会への貢献、株主への貢献を求められるようになりました。特に海外投資家は、グローバルメジャー企業と比較して、相対的に低い日本企業の利益率を高めることを強く求めてきます。今や企業のエグゼクティブは、自分の事業の売り上げやシェアだけを見て頑張る、ということだけでは務まらない時代になったのです。

やらなければならないが、経験・スキルが足りない場合はどうするか

 ビジネスは新しい局面に入っていますから、やるべき目標があり、立場的にそれに責任をもたなければならなくても、エクゼクティブ自身が必要な経験やスキルを持っていないこともあります。そんな時はどうすべきでしょうか。
これまでの経験を総動員し、あとは気合と度胸で対処する、というのも1つのやり方ではあるでしょう。しかし、それだけで上手くいくのでしょうか。
 エグゼクティブを孤軍奮闘させてはいけません。エグゼクティブがそのタスクを達成できるように、必要な知識やスキル、プランの立案や実行フォローを、必要なタイミングで受けられるようにすべきです。
私はその機能を「戦略メンター」と呼んでいます。
 戦略メンターとは、エグゼクティブが、業務上必要としている知識を「Teaching」し、その知識を自分の業務の場合で考え、戦略をつくることを「Coaching」し、その実行を「Mentoring」することすべてを含めてこう呼んでいます。エグゼクティブへのフォローは個別の状況やタスクを前進させるものであり、また必要とするスケジュールに間に合うものでなければ意味がありません。そのため個別の状況や課題を共有するMan to manで行う必要があるでしょう。何より「いくら時間を割いても、状況が前にすすまない」ということは、避けなければなりません。課題を解決するに足る実践的な内容である必要があります。

《次ページに続きます》

お気に入りに登録

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら