経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

特別読み切り

従業員の妊娠・出産について組織で取組む“インクルーシブな組織文化”の醸成と、リーダーおよびマネージャーの役割を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現場マネージャーの使命は、当該従業員に「寄り添うこと」

現場管理の責任者であるマネージャーは、妊娠中の従業員に対して、仕事面で必要なサポートをすることで、妊娠期間中のストレスを低減できる立場にある。従業員が妊娠した場合、マネージャーはその報告を最初に受ける可能性が高い。従って、マネージャーの最初の反応がその後の処遇に関する印象を左右し、妊娠中の従業員が受けるストレスにも影響を与えることになる。従業員から妊娠の報告を受けた際には協力的な姿勢で応じることが重要であり、マネージャーが会社の支援制度を十分に把握していることは特に重要である。

さらに、従業員が妊娠期間を通じて、どのような種類のサポートを必要としているのかについて、マネージャーが従業員と率直な対話を持ち続けることも大切だ。時折、妊娠中の従業員への気遣いから、一方的に仕事量を減らそうとするケースもあるが、必ずしもそれが本人の希望とは限らない。仕事量が減ることを屈辱的、あるいは差別的に受け止めたり、意図せぬストレスを感じたりする従業員がいることも理解しなければいけない。しかし、マネージャーが当事者に寄り添って率直な対話を継続すれば、従業員は自分のニーズを素直に伝えることができ、“インクルーシブな組織文化”を育むことにもつながるだろう。

妊娠中の従業員に対する差別は法律で禁止されているが、実際には妊娠を理由に不利な取扱いをしている例が少なくない。それらを「マタニティハラスメント」(マタハラ)と称して、通り一遍の対策が施されていることは周知のとおりで、給与や昇進といったキャリアに対する悪影響を是正することには貢献しているが、この対応にもある種の欠陥があることに気づいている人は少ない。「妊娠・出産等に対する不当な差別によって母体が受けるストレスの悪影響」や、「生まれてくる新生児に対する悪影響」まで思いを致している制度とはなっておらず、それに気づいている人もほとんどいない。特に母体に対するストレスは、長期的にも悪影響を与え、よく知られた「産後うつ」のリスクが高くなることは、医学的にも明らかにされている。

このような潜在的な弊害を除去し、職場の妊娠・出産差別を防止するには、会社そのものやリーダー、マネージャーが見識を深くすること、そして具体的なアクションを起こすことが欠かせないのだ。

お気に入りに登録

プロフィール

株式会社WiseBrainsConsultant&アソシエイツ 代表取締役/大曲義典 社会保険労務士事務所 所長 大曲 義典(監修者)

株式会社WiseBrainsConsultant&アソシエイツ 代表取締役/大曲義典 社会保険労務士事務所 所長 大曲 義典(監修者)

関西学院大学卒業後に長崎県庁入庁。文化振興室長を最後に49歳で退職し、起業。人事労務コンサルタントとして、経営のわかる社労士・FPとして活動。ヒトとソシキの資産化、財務の健全化を志向する登録商標「健康デザイン経営」をコンサル指針とし、「従業員幸福度の向上=従業員ファースト」による企業経営の定着を目指している。最近では、経営学・心理学を駆使し、経営者・従業員に寄り添ったコンサルを心掛けている。得意分野は、経営戦略の立案、人材育成と組織開発、斬新な規程t類の運用整備、メンタルヘルス対策の運用、各種研修など。
株式会社WiseBrainsConsultant&アソシエイツ

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら