経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

特別読み切り

中国五行・帝王学で個人の才能にフォーカス 今いるメンバーで成果を飛躍的に高める組織変革メソッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タレントフォーカスが経営者に受け入れられる理由とは

タレントフォーカスが経営者に受け入れられる理由とは

――組織の中で考えると、そのサイクルに沿って事業が流れて、お互いを活かし合う形で業務が進むようにすればいいわけですね。

星山:例えば、チームの中にいつも動き回って新しいことを考えていたい木の人ばかりいて、どっしり構えて実務をきちんとこなす土のエレメントの人が1人もいない場合、せっかくのアイデアが活かされず、納品や在庫管理で頻繁に問題が起きるといったことにもなりがちです。

――経営者の方々にとって、これまでの西洋から来ている組織診断やアセスメントのツールの多くは、使われているのがよそ行きの言葉で、かみ合わないなと感じがちなところもあったように思います。タレントフォーカスは、どのようなところが経営者の方々にとって受け入れやすいのでしょうか。

星山:中国五行、帝王学はもともとマネジメントに関わるもので、経営の思考と非常にかみ合いますから、親和性が高く、腹落ちしやすいのです。また、分析結果をもとに処方箋が提示されたあとは社員の方々でご自由に実行してくださいという押しつけ的なものではなく、私たちコンサルタントが職場に入り、社員の方々と一緒にハンズオンでプロジェクトを進める形で改善に取り組みますから、いずれは社員の方々だけでタレントフォーカスの考え方に基づいて組織を回していけるようになります。

大規模リストラ寸前の企業が1年で劇的に業績を改善

――組織課題を解決した企業の事例を教えていただけますか。

星山:中堅人材サービス会社のお客様のケースですが、ある分野のサービスがNo.1に成長したものの、それ以外のサービスが育っていない、ほかの事業部を強化して全体の業績を上げたいとのご要望でした。そこで、職場に入らせていただいて、まず社員の方々のエレメントの特定を行い、結果をもとにマネージャーと私が一緒に課員と面談し、このチームではどの業務を誰が担うのが一番よいかというベストフォーメーションを各課ごとに再構築しました。マネージャーは自分の課員のエレメントを頭に入れているから、仕事の振り方を間違えない、課員の方々も自分とほかの人のエレメントを理解し、動き方がわかってきたという中で、業績が一気に上がり、半年で経常利益が約280%増えました。新サービスも立ち上げて、最初の四半期で黒字化に成功され、その後も社員数を倍増して業容を拡大されています。


――たった半年で経常利益280%増ですか。

星山:通常、どのお客様も比較的短期間で業績が上がっています。エンタテイメント業界で制作やキャラクタービジネスを手がけるお客様の場合は、ご相談をいただいた当時、数億円規模の累損を抱え、大規模なリストラもやむなしという厳しい状況でした。そこに入らせていただき、全員のフォーメーションを見て、業務の組み替え、人事異動も行いましたが、社内の組織が活気づき、全部門の数字が一気に立ち上がっていって、1年後には累損が数億円減りました。リストラも実施せずに済み、それ以降も高業績を上げています。

――驚くべき成果ですね。メンバーの配置を変え、業務がうまく流れるようにするだけで、それほど劇的に改善するのですか。

星山:それぞれ、やりたくない仕事、才能のない仕事を嫌々やっていたのをシャッフルして、やりたかった仕事、得意な仕事をできるようになるので業務効率が上がります。仕事の処理速度が早くなり、残業が減るケースが多いですね。自分の仕事に打ち込める環境へと変化してゆきます。これまで相性が悪く、苦手だと思っていた人も、違うタイプだから反目していただけだとわかれば、あつれきがなくなります。社内のコミュニケーションが良くなっていきます。

――業績が厳しい、新規事業が生まれないといった経営課題がある場合、組織、人の動かし方が問題の根本にあることが多いようです。問題の根本を捉えて、持続的に成果が上がる組織変革、組織づくりを行おうとするとき、タレントフォーカスはきわめて実効的な手法のひとつだと感じました。今日はありがとうございました。


株式会社Kronika 代表取締役 星山 裕子 氏
中国五行と帝王学、そして現代におけるビジネス実務を融合させた、才能特定・育成プログラムTalent Focus®の開発者。「5万人を超える面談数」「800を越える取引社数」「四半世紀以上にわたる顧客との信頼関係」に裏付けられた圧倒的な育成メソッドで、幾多の成長企業を牽引する幹部人材を育成。関わった人・組織が上向いていくことから“チャンスの女神”のニックネームを持つ。「経験やスキル」ではなく、「生まれ持った才能」で判断される社会を創るべく活動中。2016年5月にTalent Focus®オンラインテストをリリース。香港、ロンドンにも既にローンチ済み。認定トレーナーの養成を通じ、すべての人が才能をいかして他人と社会の役に立てる社会を創ることを目指す。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら