経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

特別読み切り

中国五行・帝王学で個人の才能にフォーカス 今いるメンバーで成果を飛躍的に高める組織変革メソッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自社の組織に問題があると気付いてはいても、本当に実効の上がる打ち手がなかなか見つからない。そうした悩みを抱える経営者が少なくない中で、これまでに導入した企業のほぼすべてが業績を伸ばし、「半年で経常利益約280%増」、「1年で累損が数億円圧縮」といった成果を出しているのが、株式会社Kronikaの提供するタレントフォーカス(Talent Focus)です。「成果を上げる組織づくりのプロ」として800社以上の企業に関わってきた同社の代表取締役、星山裕子氏に、日本企業の組織が抱える課題や、その実効的な解決策について、ProFuture代表の寺澤康介がお聞きしました。

これまでに関わったほぼすべての企業の業績が向上

――まず、星山さんのご経歴を教えていただけますか。

星山:最初に勤めた人材ビジネス企業では制作部門に配属となり、求人広告の制作という切り口で顧客企業のキャリア採用をお手伝いしました。その後、転職、独立して、長年にわたりヘッドハンティングに携わったほか、経営コンサルタントとして、主に事業開発、人材開発などの分野でさまざまなお客様の課題解決をサポートさせていただいてきました。これまでに幅広い業界とのご縁があり、お取引きいただいた企業は中小企業から大手企業まで、800社を超えています。

――星山さんは、関わった企業がほとんどすべて業績を向上させていくことから、「チャンスの女神」と顧客から呼ばれているそうですね。

星山:コンサルタントとしていろいろな企業をお手伝いし始めたころ、そのお客様のいずれも業績が上がり、経営者の方々が非常に喜ばれて、経営者のお知り合いをご紹介くださるようになりました。「星山さんはチャンスの女神なんですよ。関わった会社の業績が全部上向いていくんです」というようにご紹介いただく中で、このニックネームが定着しました。

一人ひとりが本来の価値を発揮できていない組織が増えている

――そうした経歴をお持ちの星山さんから見て、今の時代、日本企業の組織が抱えている課題は主に何だと思われますか。

星山:社内コミュニケーションの問題によって、相互理解が不足している組織が多いと感じます。IT化が進んでメールなどを使ったコミュニケーションが増える一方、直接の対面でのコミュニケーションが少なくなり、上司と部下、同僚などが、お互いのことを理解できない状況が生まれやすくなっています。そうした背景から、一人ひとりが本来の価値を発揮できていない組織が増えてきているようです。

――何が組織の問題なのか明確にはわからないけれども、業績が上がってこない、元気がないといった悩みを抱える経営者は多いと思います。星山さんがそうした企業から依頼を受けた場合、どのように課題を見つけ、打ち手を立てていかれるのですか。

星山:まず最初に、関係部署の方全員と個別に面談させていただいています。例えば、管理職なら、その方は部下のAさんがどういうタイプの人で、何が問題だと感じているのかを会話の中からつかみ、それがAさんご本人の問題か、それ以外の問題なのかを、持って生まれた「才能」という観点から切り分けていきます。Aさんの業績が低迷している場合、才能がないことをやらせて、もがいているなら、改善の余地があるわけです。

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら