経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

特別読み切り

新型コロナウイルス感染症で炙り出されるBCPの必要性――経営者が考えるべき「リスクマネジメント」の在り方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「事業継続計画(BCP)」の策定・運用が経営の救世主となる

緊急事態が発生したときに備えて、事業を継続させることを目的に「災害時の対応」や「平常時に行うべき行動」を予め整理し取り決めておく計画を「事業継続計画(BCP)」というのは周知のとおりだ。事業のサスティナビリティを企図したもので、当然の如くパンデミック時にも必要不可欠な経営マネジメントツールとなる。このBCPがより実行可能なものであればあるほど、的確なリスクマネジメントに繋がる。

ただし、ここで欲張り過ぎずに、中核事業に限定することが肝要だ。さらに、絵に描いた餅で終わらぬよう、経営者はもちろん、社員、取引先などステークホルダーとの共通認識を持つことを忘れてはならない。そして、年々歳々、新陳代謝をかけていくことも必要である。

最悪を想定してBCPを策定しておくことは、決してネガティブ志向ではない。最悪の想定とは「悲観主義」とは異なるもので、悲観とか楽観とかそのような感情を排除した想定から始めることである。最悪を想定した前提で、しっかり準備し地歩を固めることで、初めてポジティブになれるだろう。それが根拠のある自信となるからだ。



大曲義典
株式会社WiseBrainsConsultant&アソシエイツ
社会保険労務士・CFP

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら