経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

おススメ書籍

クリエイティブ・マインドセット ―― 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『クリエイティブ・マインドセット ―― 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』(デイヴィッド・ケリー 著、トム・ケリー 著、千葉敏生 翻訳/日経BP社)

著者のデイヴィッド・ケリーはイノベーションとデザインのコンサルティング会社「IDEO(アイデオ)」の創設者で、アップルの初代マウスをはじめ、サムスン、P&Gなどの成長を支えてきた。スタンフォード大学教授で「デザイン思考」を学ぶ「dスクール」の創設者でもある。もう1人の著者で弟のトムはGE、経営コンサルタントを経て、IDEOの共同経営者となり、従業員600人の会社に発展させた人物だ。
本書のテーマは「創造力に対する自信(クリエイティブ・コンフィデンス)」の獲得だ。創造性こそビジネスにおける最大の武器だと信じる著者たちは、創造性と芸術性は同義語ではない。人間は誰でもクリエイティブであり、「自分の創造力を信じることこそ、イノベーションの『核心』をなすものだ」と語る。そして、クリエイティブになれるという考え方を肯定すれば、誰でも創造性は発揮できると説き、クリエイティブな力の伸ばし方を伝授してくれる。大切なのは、外の世界に飛び出し、創造的思考に火をつける体験を積極的に求める姿勢だ。意図的にそうした行動をとることが、「着想」の燃料になる。
トムによれば世界5カ国の約5000人を対象に、もっとも創造性がある国を尋ねた調査では、「日本」という回答がもっとも多かったと言う。「日本人はクリエイティブ。もっと自信を持っていい! 」と背中を押してくれる名著である。

『クリエイティブ・マインドセット ―― 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』(デイヴィッド・ケリー 著、トム・ケリー 著、千葉敏生 翻訳/日経BP社)

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら