経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第181回  「リスクを恐れない人に勝つことはできない。」アップルコンピュータ 元社長・元CEO ジョン・スカリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スカリー氏は1939年、アメリカ・ニューヨーク市生まれ。ペンシルベニア大学ウォートン大学院でMBAを取得した後、広告代理店に勤務するものの、ペプシコーラの要職にあった義理の父親の誘いで同社へ転職。マイケル・ジャクソンをCMキャラクターに起用したり、ブランド名を隠した複数のコーラを飲ませてペプシコーラの美味しさを伝える「ペプシチャレンジ」のCMなどで売り上げを伸ばし、1977年、社長に就任した。

 1983年、アップル社の創立者であるスティーブ・ジョブズ氏に請われて、同社の社長に。ジョブズ氏のラブコールは1年半にも及び、「このまま一生、砂糖水を売り続けたいのか、それとも私と世界を変えたいのか」という口説き文句が決め手になったという話は有名だ。

 二人のコンビはダイナミックデュオと呼ばれたが、1986年にスカリー氏がCEOになった頃から対立が深まっていく。そして、ついにジョブズ氏はアップル社を去ることに。しかし、スカリー氏も、その後、開発に力を入れたPDAの「ニュートン」の売れ行きが思わしくなく、会社を追われることに。ただし、アップルを退社した後は投資コンサルティング会社「スカリー・ブラザーズ」を起業して成功を納めている。

 掲出の言葉は、言い換えれば、勝とうと思えばリスクを恐れるなということ。ただし、リスクの大きさを見極めるのもリーダーの役目。闇雲に突進するだけでは部下はついてこない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら