経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第137回  「ヒトマネでない事業を求め続けるのが私の経営の信念。本当に人々の生活に必要なものなら、必ず事業化できる。 」岩谷産業 元社長 岩谷直治

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 岩谷氏は岩谷産業の創業者。同社の経営理念は「世の中に必要な人間となれ、世の中に必要なものこそ栄える」。これは岩谷氏が小学校時代にダーウィンの進化論を知り「進化というものは環境の変化に適応することにより成される」という言葉に感銘を受けたことから定められたという。

 岩谷氏は1903年、島根県大田市生まれ。運送会社勤務を経て、1930年にガスの製造販売を行う「岩谷直治商店」を作る。これを1945年に株式会社化して岩谷産業が誕生した。家庭用プロパンガスを日本で初めて販売したのが同社で、日本初のカセットボンベ式卓上ガスコンロも発売し、岩谷氏はプロパンガスの父とも呼ばれた。

 「進化」というと、とかく弱肉強食のイメージが付きまとうが、恐竜の絶滅に代表されるように、強いものが生き延びるとは限らない。むしろ、強いものほど環境の変化に対応できずに滅びることが多い。岩谷氏がプロパンガスを家庭用燃料として普及させようと思ったのは女性をかまどの煤から解放したいと考えたからという。そんな他者を思いやる気持ちが「世の中に必要なもの」を生み出す素になった。強さよりも、優しさを身につけたいものだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら