経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第59回  「人間性の基本はたった一つ 「他人を思いやる」ということ。」日本生命保険 元社長 弘世現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 弘世氏は日本生命の5代目社長。1948年から1982年まで35年間に渡って社長を務め、女性販売員の活用、定期付き養老保険の開発などで、同社を世界有数の保険会社に押し上げた人物。

 掲出の言葉の後は「地位が上になるほど、その心(思いやりの心)を厚くしなければ下の者の苦しみは大きくなるばかり」と続く。

 弘世氏は「僕は駅で混んでいると最後に乗る。なるたけ他の人を先に乗せて、もう出発という直前に乗れればそれでいいと思ってね」とも話している。

 弘世氏は、このような考えを義父・助太郎氏(日本生命3代目社長)から学んだという。旅先で自分達が予約してあった遊覧船に団体客が乗っているのを見た助太郎氏が「この人達のなかにはうちの契約者もいるだろう。我々は先を争っていく必要はないのだから、次の船を待つことにしよう」といったというのだ。

 最近のビジネスの世界では他人を押し退けて利益を得るのが当然という風潮が少なからずある。しかし、それでは人は付いてこない。思いやりの心、忘れないようにしたい。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら