経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第55回  「僕は社員にあまり同質化するなと言っているんです。 同質化の強さもあるんですが、一つ狂うとすごくもろい。」日産自動車 元社長 久米豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 久米氏が社長在任中に発売された「シーマ」は大ヒットとなり、「シーマ現象」という言葉まで生まれた。久米氏は「シーマ現象」で新語・流行語大賞銅賞を受賞している。

 久米氏は「異質な価値観を受けるべき」として、「さん付け運動」を提唱するなど、何でも言える自由な雰囲気作りに努めたことで知られている。

 シーマがヒットした頃の雑誌のインタビューでも「大組織のなかにいるとお客さんよりも社内の上下関係の方が優先されてしまう時がある。これを除去しようと徹底的にやった。お客様第一を前提に自由奔放にやらせたことが活性化につながった」と話している。

 日産自動車は久米氏が社長を退いた頃から経営が思わしくなくなり、資本提携を結んだフランス・ルノー社からカルロス・ゴーン氏を最高経営責任者に迎えて復活を果たした。

 クローバル企業ということもあるが、今、日産自動車が掲げる重要なキーワードにダイバーシティがある。同社は多様性こそ会社の強みとして、さまざまな取り組みを進めている。

 石垣はさまざまな大きさ・形の石を組み合わせることで力を分散させるから強いと言われる。会社も同じで、さまざまな個性の人が活躍できるところが強い。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら