経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第45回  「小さな池に大きな魚を」HOYA 元社長 鈴木哲夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木氏は1957年、32歳の若さで社長に就任、「ガラスの可能性を追究する」をモットーに経営にあたった人物。

 鈴木氏が「小さな池に大きな魚を」という言葉で事業戦略を語ったのは1970年。小さな市場で大きなシェアを取れという意味だ。鈴木氏はこの6月、90歳で死去したが、この言葉はいまでも同社の経営哲学として受け継がれている。

 同社は主にエレクトロニクス、ヘルスケア、映像、メディカルの4つの領域で事業を展開しているが、そのどれも、根底にあるのはガラス専門メーカーとして培ってきた光学技術だ。

 エレクトロニクス分野では半導体や液晶パネルに不可欠なガラス製部材、ヘルスケア分野ではメガネレンズやコンタクトレンズ、映像分野では光学レンズやコンパクトカメラ用レンズモジュール、メディカル分野では内視鏡や白内障眼内レンズが主力商品であり、その多くが世界シェア1位だったり世界トップクラス。

 鈴木氏はよく「企業価値を高めるためには自社の強みを活かす中核事業やコア・コンピタンスに集中し、あまり将来性のない事業、収益性が低い事業は整理していく必要がある」として「選択と集中」の重要性を強調したという。

 HOYAの今日はまさに自社の強みに特化した「選択と集中」の結果といえそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら